トウモロコシと北米の先住民族にまつわる話

ポップコーンや焼きもろこし、コーンポタージュ、サラダの中に、日本で馴染み深いトウモロコシがメキシコ原産だと知っていましたか?

現在のメキシコ南部で様々な説があるようですが、10,000年ほど前からトウモロコシの祖先となる植物の栽培が始まったようです。トウモロコシは長い時間をかけて現在のような形になりました。そして、トウモロコシは北米*各地に単なる栄養源としてだけではなく、文化的、宗教的に重要な品として広がりました。

pexels-photo-209389.jpeg

*北米: この記事では現在のアメリカ合衆国の本土とアラスカ、カナダやメキシコなどのメソアメリカ地域を含むことにします。

トウモロコシのはじまり

遺伝学の研究によると、トウモロコシは現在のメキシコ南部にあたる地域で様々な説がありますが10,000年ごろに栽培されるようになったようです。(“Corn” Encyclopædia Britannica)

corn-1235895_1920

イネ科の植物トウモロコシは同じくイネ科に属するテオシントと呼ばれる野生種から栽培化*されたようですが、この二つの種は全く違った植物に見えるかもしれません。(Fukunaga 2010)人間によって栽培化された植物や家畜化された動物は野生種とは全く異なる姿形をしていることがよくあります。

 

Maize-teosinte
一番上がテオシントと呼ばれる野生種で、一番下が栽培化されたトウモロコシ。真ん中はそれらの交配種だ。 By John Doebley [CC BY 3.0], via Wikimedia Commons
メキシコ南部で生まれたトウモロコシはやがて南北アメリカ大陸の各地に広まることになります。

*栽培化 (英: plant domestication): 人間などによって育てられる植物の種を生み出す。人間にとって有利な特徴をもった個体が選ばれ、子孫を残すため、植物が野生では見られない形や成長の仕方をするようになる。英語では動物の家畜化と植物の栽培化を共にdomesticationという。

mexico-146371_1280
メキシコの地図。トウモロコシの祖先は現在のメキシコ南部で生まれた。

トウモロコシの長い旅

炭水化物の源となるトウモロコシは南北アメリカの各地に広まります。考古学者の間ではメキシコ南部から「グループから別のグループに伝わる形でトウモロコシが広がった」という仮説と「トウモロコシを栽培する人々がトウモロコシと共に広がった」があるようです。

earth-blue-planet-globe-planet-87651.jpeg

6,000年前にアメリカ合衆国の南西部にあたる地域にトウモロコシが伝播したのではないかと言われています。(Merrill et al 2009)

現在の米国南西部では、ユト・アステカ祖語の話者によってトウモロコシの栽培が広がったようです。(Merrill et al 2009)

この地域ではトウモロコシと人間の成長を比喩的に結びつける習慣が報告されています。(Washburn 2012)

現在、ユト・アステカ語族に属する言語はホピ語やコマンチェ語、ナワトル語などで、ユト・アステカ語族に属する言語はメソアメリカに点在し、米国の南西部にも広く分布しています。

Lenguas uto-aztecas
ユト・アステカ語族に属する言語の分布 By Carte_du_monde_vierge_(Allemagnes_séparées).svg: Rogilbert Uto-Aztecan_langs.png: Ish ishwar derivative work: Yavidaxiu [CC BY-SA 3.0], via Wikimedia Commons
また、トウモロコシは現在のメキシコやアメリカ合衆国の南西部にあたる地域に留まらず、北米のミシシッピ川周辺や北東地域にまで広がりました。

暮らしに重要なトウモロコシ

北米各地に暮らしてきた様々な先住民族の間でトウモロコシは特別な存在としてあり続けてきました。メソアメリカや米国南西部、アメリカ北東部やカナダ東部にかけてトウモロコシに関した様々な伝承や伝説、神話、モノの見方などが存在してきました。

メソアメリカ・米国南西部

例えば、メソアメリカのオルメカやサポテク、ナワ、マヤなどの様々な社会はトウモロコシによって支えられてきて、それらの文化でトウモロコシが象徴性や意味を持ち、伝説や神話などで語られることは珍しくなかった/ないようです。(Washburn 2012)

マヤ文明の神話にも登場するケツァルコアトル* (ナワトル語: Quetzalcóatl)は農耕にまつわる神で、彼が人間やトウモロコシ、プルケと呼ばれる酒の創造のプロセスに関わったという伝説もあります。(Carrasco 2000)

Quetzalcoatl
ケツァルコアトル By Eddo (Own work, évocation du codex Borgia) [CC BY 3.0 ], via Wikimedia Commons
また、マヤ系の民族で現在のグアテマラに暮らしてきたキチェ族の間ではポポル・ヴフと呼ばれるキチェの伝説や神話が書かれた書物が残っていて、その中に、様々な人間の種類がトウモロコシから創造されたという神話が残されています。(VanDerwarker Encyclopædia Britannica, “El Popol Vuh, el libro sagrado de los mayas” Arqueología Mexicana, ILSI Argentina 2006)

メソアメリカには多くのトウモロコシにまつわる神が語り継がれてきました。

Empiezan las historias(preamble)
スペイン語とキチェ語で書かれた現存する最古のポポル・ヴフの写本 [Public Domain]
*ケツァルコアトル: メソアメリカ地域の様々な民族の神話や伝説に登場する。

また、マヤ系の民族集団で、メキシコ西部に暮らすツェルタルの人々の間では子どもの成長の段階とトウモロコシの成長の段階が結び付けられて名付けられているようです。

アリゾナ州など、アメリカ南西部に住むホピ族の間でもトウモロコシの成長と人生のステージが比喩的に結び付けられているようです。(Washburn 2012)

三姉妹の一人として

さらに北の米国の北東部やカナダ東部ではトウモロコシが「三姉妹」の一人として特別な文化的重要性を持ってきました。

トウモロコシは米国の北東部やカナダ東部を代表する民族集団、ホデノショニ (Haudenosaunee)などの間でカボチャと並び、「三姉妹」と呼ばれ、畑の同じ場所に一緒に植えられました。(“Utilisation des plantes par les Autochtones” l’Encyclopédie canadienne, “Northeast Indian” Encyclopædia Britannica)

これはヒトと他の生物(ここではトウモロコシなどの植物)が共に環境を作り上げている例であるだけでなく、文化がトウモロコシなどの植物に象徴性や文化的な意味を与えた環境と文化が影響しあっている例だとも言えます。

三姉妹」はまさに姉妹であるかのように独特の方法で植えられます。

ブリタニカ百科事典の英語版 (“Northeast Indian” Encyclopædia Britannica) によると、現在のアメリカ北東部などに暮らしてきた先住民族たちは、”盛った土の中心にトウモロコシの種をまき、それを囲むように豆を植え、さらにそれらを囲むようにカボチャを植えた”ようです。そして、”トウモロコシが育つと、豆のツルがトウモロコシの茎を支柱にして育ち、カボチャの広い葉によって出来た影が雑草が育つのを防ぎ、さらに土の水分を適度に保つ”ようです。

また、”トウモロコシが窒素を消費して痩せた土壌は豆の持つ土壌の窒素を保つ能力によってまた肥沃な土壌に戻る”ようです。狩りや採集によって得られた野生の動植物などと一緒に食されてきたようです。(翻訳: Anthro JP)

Association culturale maïs-Haricot-Courge dans la région du Mixtepec au Mexique
一緒に植えられているトウモロコシと豆、カボチャ。この写真はホデノショニの畑ではなく、メキシコのミシュテペク地域で撮られた。どうやらこの農耕方法は北アメリカ中に広がっているようだ。By photo prise par Isabelle Fragniere (Own work) [CC BY-SA 3.0], via Wikimedia Commons
また、アメリカの北東部やカナダの東部にはトウモロコシに関する伝説や物語が多くあります。

例えば、アメリカの北東部のイロコイ連邦(ホデノショニ連邦)に属するセネカ族*の伝説にはオナタと呼ばれるトウモロコシの精が登場します。

この言い伝えを19世紀の初めに記録した民俗学者のマックスウェル コンバース (Converse & Parker 1908) によると、 オナタと豆の精、カボチャの精は姉妹で、偉大な母なる大地の娘たちで、ある時、オナタが露を探しすために畑を離れて迷っていたところ、ハグウェダエトガによって地底の暗闇に閉じ込めらて、畑のことを考えながら苦しみました。そして、太陽の光が彼女をまた畑へと導き、それ以降は彼女はトウモロコシが育つまで畑を去らなくなりました。

field-corn-air-frisch-158827.jpeg

この他にも、ホデノショニの間でのトウモロコシの起源に関する多くの伝説やトウモロコシの使われ方、トウモロコシの栽培や品種に関する記録が文化人類学者や民俗学者によって残されています。(Parker 1910, Smith 1880-1881) またトウモロコシに関する儀式も存在します。(Haudenosaunee Confederacy)

*セネカ族: 五大湖やセントローレンス川周辺地域の他の北米先住民族集団と共にホデノショニ/イロコイ連邦を構成する。歴史的に現在のオハイオ州東部からニューヨーク州西部にかけて暮らしていた。現在もニューヨーク州西部を中心に存在する民族集団。

Iroquois 6 Nations map c1720

18世紀に6つのネイションが揃ったイロコイ連邦の地図。東からモホーク族オネイダ族トゥスカロラ族オノンダガ族カユガ族、そして一番西にセネカ族の領土がある。[Public Domain]

まとめ

現在のメキシコで栽培されるようになったトウモロコシは北アメリカ各地(そして今では世界中)に広がり、単に食料として重要なだけでなく、文化的な意味をもった品としても重要であり続けてきました。人類は単に自然の形を生き残りのために変化させるだけでなく、自然の中に象徴や意味を見出そうともするようです。これは北米の先住民族に限ったことではなく、日本人の米に対する思い入れなどを見れば特に珍しいことではないと気がつくでしょう。

nature-sky-sunny-clouds.jpg


参考文献

Britannica, The Editors of Encyclopaedia. “Corn.” Encyclopædia Britannica, Encyclopædia Britannica, Inc., 4 Jan. 2018, http://www.britannica.com/plant/corn-plant.

Britannica, The Editors of Encyclopaedia. “Quetzalcóatl.” Encyclopædia Britannica, Encyclopædia Britannica, Inc., 12 Feb. 2018, http://www.britannica.com/topic/Quetzalcoatl.

Britannica, The Editors of Encyclopaedia. “Seneca.” Encyclopædia Britannica, Encyclopædia Britannica, Inc., 31 May 2017, http://www.britannica.com/topic/Seneca-people.

Carrasco Davíd. Quetzalcoatl and the Irony of Empire: Myths and Prophecies in the Aztec Tradition. University Press of Colorado, 2001.

Converse, Harriet Maxwell, and Arthur Caswell Parker. Myths and Legends of the New York State Iroquois. The New York State Museum, 1908.

“El Popol Vuh, El Libro Sagrado De Los Mayas.” Arqueología Mexicana, 22 June 2016, arqueologiamexicana.mx/mexico-antiguo/el-popol-vuh-el-libro-sagrado-de-los-mayas.

“Haudenosaunee Development Institute.” Haudenosaunee Confederacy, http://www.haudenosauneeconfederacy.com/ceremonies.html.

Johns, T., et al. “Utilisation Des Plantes Par Les Autochtones.” The Canadian Encyclopedia, http://www.encyclopediecanadienne.ca/fr/article/utilisation-des-plantes-par-les-autochtones/.

Kenji, Fukunaga. “植物のドメスティケーション : トウモロコシの起源 ―テオシント説と栽培化に関わる遺伝子―.” 国立民族学博物館調査報告, 23 Mar. 2010, minpaku.repo.nii.ac.jp/?action=pages_view_main&active_action=repository_view_main_item_detail&item_id=1152&item_no=1&page_id=13&block_id=21.

“MYTHSOFTHE IROQUOIS.” The Project Gutenberg EBook of Myths of the Iroquois, by Erminnie A. Smith., http://www.gutenberg.org/files/46140/46140-h/46140-h.htm#XII.

Merrill, William L., et al. “The Diffusion of Maize to the Southwestern United States and Its Impact.” Proceedings of the National Academy of Sciences, vol. 106, no. 50, July 2009, pp. 21019–21026., doi:10.1073/pnas.0906075106.

Parker, Arthur Caswell. Iroquois Uses of Maize and Other Food Plants. University of the State of New York, 1910.

Pauls, Elizabeth Prine, and Elisabeth Tooker. “Northeast Indian.” Encyclopædia Britannica, Encyclopædia Britannica, Inc., 22 June 2016, http://www.britannica.com/topic/Northeast-Indian#ref260280.

Pauls, Elizabeth Prine, and Elisabeth Tooker. “Northeast Indian.” Encyclopædia Britannica, Encyclopædia Britannica, Inc., 22 June 2016, http://www.britannica.com/topic/Northeast-Indian#ref260280.

Washburn, Dorothy K. “Shared Image Metaphors of the Corn Lifeway in Mesoamerica and the American Southwest.” Journal of Anthropological Research, vol. 68, no. 4, 2012, pp. 473–502., doi:10.3998/jar.0521004.0068.402.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中