カテゴリー別アーカイブ: 文化人類学

構造的暴力とは?: 医療人類学による社会構造の批判

医療人類学は人々がもつ健康や病に対する理解の仕方、信念、価値観やそれに伴う健康や病の経験などを描いてきました。

一方で、医療人類学は医療や健康をめぐる不公正な社会の仕組みについて積極的な批判を避けてきたのではないか、と指摘することもできます。

構造的暴力の視点は、選択の自由と自己責任や、ライフスタイル、文化的習慣などに基づいた理解にとって代わり、社会の仕組みに対する批判社会正義の観点を与えます。

Photo by THE COLLAB. on Pexels.com


構造的暴力は、医療人類学の主要な概念の一つで、医者で医療人類学者のポール・ファーマー (Paul Farmer)によって導入されました。この視点から、医療をめぐる不公正さに批判的な医療人類学者たちは、「構造的に不利な立場にある人々の健康がどのように脅かされているか?」を問います。(Farmer 2004b)「どのような不公正が社会に存在するのか?」や「誰の人権が侵害されているのか?」と言いかえることもできます。構造的暴力の人類学は社会正義の観点に基づいた歴史的プロセスの批判や長期にわたるフィールドワークによって、見えにくい抑圧の構造をあらわにします。

この概念は、ファーマーによって医療人類学に持ち込まれる以前に、平和研究の社会学者、ヨハン・ガルトゥングによって1969年にはじめて提唱されました。また、ラテン・アメリカでの社会正義を求める運動と共に生まれ育った解放の神学でも用いられてきました。そのほかにも構造的暴力の視点は様々な社会思想や理論から影響を受けています。

この記事では、最初に構造的暴力の概念を出来るだけ簡単に定義します。つぎに、この概念の起源をみていきます。そして、どのように構造的暴力の視点が社会構造の批判を助けるのかを解説します。最後に、構造的暴力をテーマにした医療人類学のエスノグラフィを一部紹介します。

構造的暴力とは?: 医療人類学による社会構造の批判 の続きを読む

文化人類学を学べるオープンアクセス教科書やMOOC (無料・オンライン)

インターネットと英語を使うことによって、無料で文化人類学をちょっとだけ学んでみましょう!文化人類学について無料・オンラインで気軽に学ぶ機会は少ないかもしれません。英語圏では文化人類学に関するサイトやブログが豊富なだけではなく、無料でオンライン講座を観たり、無料でオンラインの教科書を読むことができます。

英語だけでなく、仏語でアクセスできるMOOCも追加しました。(2019年12月22日)

オープンアクセス教科書

アメリカ人類学会 (American Anthropological Association, AAA) の一部門Society for Anthropology in Community Collegeが無料でオンラインでアクセス、ダウンロードできる文化人類学の教科書を公開しています。実際の教授たちが作った教科書なので、内容がしっかりしています。アメリカ人類学会は人類学の普及のために、このような公共的な出版をしているようです。コミュニティカレッジ(アメリカの2年生大学)で使うことを想定されている教科書なので、人類学の基本を学ぶことができます。

使用言語: 英語

本を読んでいる人。
画像: 本を読んでいる人。Photo by Lisa Fotios on Pexels.com

無料オンライン講座

クイーンズランド大学が無料のオンライン講座をedXで開講しています。Anthropology of Current World Issues という講座名で、現在の世界の社会や文化的な問題や話題を観ていく人類学講座です。移民や難民、先住民族と非先住民族との関係、資源とコミュニティにまつわる問題など、シラバスが公開してあるので概要を確認することができます。

使用言語: 英語


edXにはルーヴァン・カトリック大学による人類学講座のアーカイブがあります。Découvrir l’anthropologie という講座名です。ルーヴァン・カトリック大学によるこの講座はオーソドックスな文化人類学や民族学のトピック(親族関係や信仰など)を扱っています。

使用言語: 仏語

画像: 講義をする教授と聴く学生。Photo by ICSA on Pexels.com

最後に

もし、この他にオープンアクセスの文化人類学を知っている人はぜひ教えてください!


この記事はとても好評なので、情報を追加しました。2019/12/22


エンカルチュレーション(文化化)とは?

エンカルチュレーションもしくは文化化 (英: enculturation) とは特定の社会の中で社会の一員として、個人がその社会の文化を学び、実践することを意味します。

このプロセスは生まれる前から始まり、成長の過程で保護者や親戚、学校の先生、隣人、友達、メディアなど様々な方向からその文化(習慣や常識、知識、ルール、価値観、考え方)など教わります。エンカルチュレーションは絶えず起こっています。

そして、その学ぶプロセスは日常生活の無意識にあります。

ヒトは何をどのように行うのかの大部分を学習によって身につける動物です。世界各地で様々な考え方や立ち振る舞い方などがあるのを見ると、各社会のエンカルチュレーションがそれぞれの社会のユニークな行動や考え方、性格のパターンを生産していることがわかります。

portrait of cute girl
Photo by Tim Gouw on Pexels.com
エンカルチュレーション(文化化)とは? の続きを読む

アメリカ人類学の4分野

アメリカ人類学の4分野アプローチ

世界各国で人類学が関わる分野は異なっています。

一般的にアメリカ合衆国の人類学は、「人類とは何か」や「人類であるということはどういうことなのか」という問いに総合的に取り組むために、文化人類学自然人類学言語学(言語人類学)、考古学からなります。

このような観点をホーリズム(holism)といいます。

この独特な4分野アプローチはアメリカ人類学の父とも呼ばれるフランツ・ボアズ(Franz Boas)の提唱した人類学からの伝統です。

・文化人類学は人類の持つ文化の特徴を探り、また特定の社会の習慣やルール、価値観などを研究します。

・自然人類学は一方で人間の生物学的な特徴に焦点を当てます。

・言語学では人間の持つ言語の能力やそれぞれの言語の特徴を研究します。

・考古学では過去の人々の残した遺物を発掘し、過去の人々がどのように暮らしていたかを証拠に基づいて考えます。

この記事ではアメリカ人類学を見渡していきます。

アメリカ人類学の4分野 の続きを読む

文化人類学を独学したい人のためのガイド

文化人類学が気になっていてもどこから学び始めればいいか分からない人は少なくないのかもしれません。最近、Anthro JP みんなの人類学の Peing 質問箱 にどのように文化人類学を独学するかについての質問が届きました。数学や文学、音楽、生物学、経済学などと違って文化人類学について学校で習ったという人はとても少ないはずです。それでも、文化人類学は私たち人類の文化についての学問です。そんな、身近であるはずの学問を学ばないのは私たち人類にとって大きな損かもしれません。この記事は、どこから文化人類学を独学するかについての簡単なガイドです。

road-sun-rays-path.jpg
文化人類学を独学したい人のためのガイド の続きを読む