カテゴリー別アーカイブ: 社会人類学

アメリカ人類学の4分野

アメリカ人類学の4分野: 文化人類学 自然人類学 言語学 考古学

世界各国で人類学が関わる分野は異なっています。アメリカ合衆国の人類学やその影響を多く受けている国 (英語圏のカナダ) の大学などでは、人類であるということはどういうことかを理解するために、文化人類学自然人類学言語学(言語人類学)、考古学の4つの分野の力を結集します。一般的にフランツ・ボアズが米国の4分野人類学を発展したと考えられています。

・文化人類学は人類の持つ文化の特徴を探り、また特定の社会の習慣やルール、価値観などを研究します。

・自然人類学は一方で人間の生物学的な特徴に焦点を当てます。

・言語学では人間の持つ言語の能力やそれぞれの言語の特徴を研究します。

・考古学では過去の人々の残した遺物を発掘し、過去の人々がどのように暮らしていたかを証拠に基づいて考えます。

アメリカ人類学の4分野 の続きを読む

文化人類学を独学したい人のためのガイド

文化人類学が気になっていてもどこから学び始めればいいか分からない人は少なくないのかもしれません。最近、Anthro JP みんなの人類学の Peing 質問箱 にどのように文化人類学を独学するかについての質問が届きました。数学や文学、音楽、生物学、経済学などと違って文化人類学について学校で習ったという人はとても少ないはずです。それでも、文化人類学は私たち人類の文化についての学問です。そんな、身近であるはずの学問を学ばないのは私たち人類にとって大きな損かもしれません。この記事は、どこから文化人類学を独学するかについての簡単なガイドです。

road-sun-rays-path.jpg
文化人類学を独学したい人のためのガイド の続きを読む

英語圏の人類学ウェブサイト/ブログ一覧

今回は人類学の特定のトピックを扱うのではなく、人類学や人類に関連した英語圏のウェブサイトやブログを紹介します。

英語圏にはかなり多くの人類学に関連したウェブサイトやブログがあります。また、人類学がメインではない新聞社や科学系のウェブサイトやブログでも人類学に関連した記事が見受けられます。Anthro JP みんなの人類学も 英語圏の人類学ウェブサイトやブログにインスパイアされて始まりました。

pexels-photo-262508.jpeg

英語圏の人類学ウェブサイト/ブログ一覧 の続きを読む

人種ってなに?

「人種」という言葉は普段世界の様々なグループのことを語る時に何気なく使われています。たとえば、「黒色人種(黒人)」や「白色人種(白人)」、「黄色人種」と世界の人々を分類していることを見かけます。また、科学風に「ネグロイド」や「コーカソイド」または「コケイジャン」など言う人も見かけます。

でも、実際に「人種」って何なのでしょうか?

出来るだけ単純に説明するなら、人種には生物学上の根拠は無く、社会の中で作り上げられてきた人類を肌の色などで区別、差別する概念と言えるでしょう。

どういうことなのか見ていきましょう。

Seti1a

人種ってなに? の続きを読む

社会全体からの差別

「差別」に関して話をしていると単に一人がもう一人を外見や身分に基づいて差別する個人的な差別に注目しがちかもしれない。例えば、街中で自分とは外見が異なる人を見て「国に帰れ」と怒号を浴びせる人がいる。もしくは妊婦を電車の中で睨みつける人もいるかもしれない。個人的な差別はあからさまで分かりやすい。

しかし実際には社会全体と、その仕組、そのメンバーたちが特定のグループを差別する、社会全体からの差別も存在することを忘れてはいけない。 社会全体からの差別 の続きを読む