タグ別アーカイブ: 人類学入門

アメリカ人類学の4分野

アメリカ人類学の4分野アプローチ

世界各国で人類学が関わる分野は異なっています。

一般的にアメリカ合衆国の人類学は、「人類とは何か」や「人類であるということはどういうことなのか」という問いに総合的に取り組むために、文化人類学自然人類学言語学(言語人類学)、考古学からなります。

このような観点をホーリズム(holism)といいます。

この独特な4分野アプローチはアメリカ人類学の父とも呼ばれるフランツ・ボアズ(Franz Boas)の提唱した人類学からの伝統です。

・文化人類学は人類の持つ文化の特徴を探り、また特定の社会の習慣やルール、価値観などを研究します。

・自然人類学は一方で人間の生物学的な特徴に焦点を当てます。

・言語学では人間の持つ言語の能力やそれぞれの言語の特徴を研究します。

・考古学では過去の人々の残した遺物を発掘し、過去の人々がどのように暮らしていたかを証拠に基づいて考えます。

この記事ではアメリカ人類学を見渡していきます。

アメリカ人類学の4分野 の続きを読む

文化人類学を独学したい人のためのガイド

文化人類学が気になっていてもどこから学び始めればいいか分からない人は少なくないのかもしれません。最近、Anthro JP みんなの人類学の Peing 質問箱 にどのように文化人類学を独学するかについての質問が届きました。数学や文学、音楽、生物学、経済学などと違って文化人類学について学校で習ったという人はとても少ないはずです。それでも、文化人類学は私たち人類の文化についての学問です。そんな、身近であるはずの学問を学ばないのは私たち人類にとって大きな損かもしれません。この記事は、どこから文化人類学を独学するかについての簡単なガイドです。

road-sun-rays-path.jpg
文化人類学を独学したい人のためのガイド の続きを読む