タグ別アーカイブ: 進化論

人種ってなに?

「人種」という言葉は普段世界の様々なグループのことを語る時に何気なく使われています。たとえば、「黒色人種(黒人)」や「白色人種(白人)」、「黄色人種」と世界の人々を分類していることを見かけます。また、科学風に「ネグロイド」や「コーカソイド」または「コケイジャン」など言う人も見かけます。

でも、実際に「人種」って何なのでしょうか?

出来るだけ単純に説明するなら、人種には生物学上の根拠は無く、社会の中で作り上げられてきた人類を肌の色などで区別、差別する概念と言えるでしょう。

どういうことなのか見ていきましょう。

Seti1a

人種ってなに? の続きを読む

進化論にまつわる誤解その1

進化論にまつわる大きな誤解の一つは、「進化によって生物がより良い、優れた状態になる」だ。

結論から言うとこれは間違っていて、進化とは変化にすぎないのだ。環境が変化することによって生物は適応を迫られる。ここで生き残った生物がより多くの子孫を残す。結果、子孫は生き残った親たちに似ている。環境によって種が変化したのだ。

 

進化論にまつわる誤解その1 の続きを読む